2017年11月1日 UP
マーケティング

『高倉塾』第33回開催報告 ウェブセミナー配信ツールの販売促進方法を考える

TAG:

2017年10月26日(水)東京渋谷にて、第33回高倉塾を開催いたしました。

今回は、ウェブセミナー配信ツールを開発し販売している、株式会社コクリポの正井貴社長を迎え、「ウェブセミナー配信ツールの販売促進方法を考える」をテーマに講義を行いました。
コクリポが提供する配信ツール「ウェビナー」は、従来のウェブセミナーツールの利用料金を100分の1にまで抑えた非常に魅力的なサービスです。
しかし、ウェブセミナーやオンラインセミナーがまだ一般化していない日本の市場において、思った以上の成果が挙げられていない、という課題にぶつかっています。
「この課題を解決するために皆様の知恵をお借りし、来季の目標を何が何でも達成したい!」そのような思いで、今回正井さんには問題提起者としてお越しいただきました。
本テーマは、全2回のワークをとおして具体的な販売方法について考えていきます。

 

始めに、正井さんより「ウェビナー」の機能やコクリポの営業・マーケティングの現状について共有がありました。
コクリポは2016年1月に設立。実際に「ウェビナー」の有料販売を開始したのが2017年5月です。そもそも「ウェビナー」とは、Web上でセミナーを配信し、それをリアルタイムで数百人に届けることができるサービスです。
また、双方向の対話も可能なため、聴講者の質問に答えたり、発言内容を記録したり、セミナー後のアンケートを収集することも可能です。
特に、コクリポの「ウェビナー」は1時間にたったの300円で利用可能という、業界からみたら驚くほど安価な点が最大の特徴と言えるでしょう。

Web上でセミナーを行うメリットは、地方や海外にいる人でも、移動を考えずに気軽に受講できるという点です。そのため現在は、
・新規顧客向けのオープンセミナー
・取引先向けの業務内容説明会
・全国に支社をもつ企業の全社朝礼
・地方出身者向けの採用説明会
などの用途で利用していただくことが多いようです。

一通りの説明を終え、参加者からの質問も出尽くした後は、実際にアイデアを考えるワークを行いました。
「既存のターゲット層は気にせず、どんな発想でも良いからゼロベースで考えてみましょう」という高倉塾長のアドバイスを受け、各々が「ウェビナー」の可能性について思案しました。

 

ワーク終了後は、参加者にアイデアを発表していただきました。
・ウェビナーを活用した、Web上での集団お見合いを企画する。
・ヨガやジムのインストラクター、美容師やエステティシャに活用してもらう。
・全世界に支社をもつグローバル企業向けに“永久使用権1億”というサービスを作る。
・スマホ版が完成したら、株主総会や選挙演説をリアル配信したい層へ販売する。
などの新しいアイデアを提案していただきました。

総じて、これまでの「ウェビナー」の常識を捨てて、もっと新しくイチから考えてみたほうが良いのではないか、という意見が多く挙がりました。
しかし、このまま王道でセミナーを開催している企業へ販売を進めたほうが良いのではないか、という意見も挙がり、
「最終的には正井さんに決めていただくしかない」という高倉塾長の言葉で、一旦本日のディスカッションは終了となりました。

 

講義後の懇親会では、参加者同志が懇親を深めながらも「ウェビナー」を活用した良いアイデアはなんだろう?と話し合う姿が見られました。

正井さんには、次回の講義までにどのような方向性で議論を進めていくのかを決めていただきます。
そして次回の講義では、実際にコクリポとして取り組める、新しい販売戦略・販売方法について考え、最終的には一つに絞っていきます。
 

次回は、11月16日(木)19:00~21:00にて開催いたします。
第2回目からのご参加も大歓迎です。ご興味のある方は是非お申し込みください。
⇒http://takakurayutaka.com/academy.html

Related Article

『竹島塾』第2期 二日目開催報告
10月11日(土)『竹島塾』第2期2日目を開催いたしました。 『竹島塾』では、全2回の講義とワークショップのなかで…

2017年11月1日 UP

マーケティング

by Valmedia編集部