2017年6月19日 UP
マネジメント

『新志塾』東京第10期開講報告

TAG:

6月10日(土)『新志塾』東京第10期が開講いたしました。

『新志塾』は、勝ち残る企業に必要なビジネスの“原理原則”を実践的に学ぶ、
新 将命塾長による少人数制全2日間集中プログラムです。

今回も、全国から経営者や管理職の方々に受講いただきました。
新塾長の書籍を読み、新塾長から直接学びたいという思いで参加された方が多く、
発言や質問が積極的に行われました。

 

 

1日目の前半のテーマは、「経営と理念」です。
まず、勝ち残る企業を作るための「原理原則」を、フローチャートを用いて学びました。
そして経営力・リーダーシップには「方向性」が必要であるとしたうえで、
その中から「理念」について、ジョンソン・アンド・ジョンソンの「我が信条」を元に
体系的に学びを深めました。
「企業理念は“魂”」「企業成功の50%は理念である」という塾長の言葉が非常に印象的でした。

 

 

後半は、「目標と戦略」をテーマに、
正しい目標のあり方や納得目標を作るために必要な行動などを具体的に学びました。
受講生が抱える問題点についての質問が多く飛び出し、
塾長からそれぞれアドバイスがありました。
テクニカルな部分だけでなく、
塾長ご自身が経験されたことを踏まえた的確なアドバイスを受け、
受講生は熱心にメモを取っていました。

 

 

講義終了後は懇親会を行い、新志塾10期生として共に学び合う仲間や新塾長との交流を深めました。
講義の感想や、講義中に聞けなかった質問などが飛び交い、大盛況のうちに閉会となりました。

2日目の講義は7月8日(土)、「リーダーシップと人材育成」がテーマです。

Related Article

「中国が求める100年経営」
2017年2月24日(金)東京都渋谷区にて、100年経営研究機構主催による第8回研究会が開催されました。 今回は、当…

2017年6月19日 UP

マネジメント

by Valmedia編集部